FX

FXの売りと買いの性質について考える

From:部瀬名 健

こんにちは、部瀬名(ぶせな)です。

為替は、株式のように「安く買って高く売る」性質ではありません。
常に2国間の通貨を比較して価格が決まっています。
なので、高い、安い、という概念はないのかもしれません。
そのためか、「上げ」「下げ」の両方でトレードすることが可能です。

「ロング=強気=ブル」
「ショート=弱気=ベア」
という言葉があるので、上昇の方が好ましいと思うかもしれませんが、
通貨「ペア」ですので、必ずしも上昇すればいいものではありません。

私は、FXトレードにおいて、
「売り」と「買い」で何か判断を変えることはありません。
上がると思えば買う、下がると思えば売るようにしています。

ただ、「上げ相場」「下げ相場」のどちらが好きかというと、
「下げ相場」の方が好きです。

理由は、「登り百日下げ十日」という格言があるように、
上昇する時は時間をかけてじりじりと上がり、
下落する時は短期でストンと落ちる傾向があるからです。

下落している時は順張りでショート(売り)し、
下げ過ぎたら逆張りのロング(買い)をする。
こちらの方が大勝ちするイメージがしやすいです。

また、実際に、下げ相場の利益のほうが多いです。
これは、好みの問題ですので正解はありませんが、
自分は下げ相場のほうが得意と認識することで、
上げ相場で無理せずに様子見ができたり、
損切りも躊躇なくサクサクできたりします。

過去に、上げでも下げでもトレードして利益を取ろうとして、
損切りができなくなって冷静さを欠いたことがありました。
そこで、どちらかに焦点を置いた方がいいかもしれない、
と思ったのです。

上げ相場、下げ相場を選んでトレードする必要はないのですが、
一度ご自身のトレードを振り返ってみると、
新たな気付きが得られる可能性があるので良いと思います。

P.S.

FXは参加者が多いので、
どんなタイミングでも売りからトレードができます。

この記事を執筆したぶせな氏が、
FXの売りで下げ相場でも利益を得る手法を公開しています。

ぶせな氏からFXのノウハウを学べるのはここだけです。

http://enjyuku.tv/ev/pl/busena-fx-school?v=sc
—————————————————————————————–

●FXトレーダー 部瀬名 健 氏

商品先物ディーラー、不動産ファンドディーラーとして活躍後、
短期間で稼げるものはFX短期スキャルピングだと自覚し専業トレーダーに転身。

その後、FXのスキャルピングに特化した投資で1億5000万円の利益を上げる。

よく使う通貨ペア:
USD/JPY
EUR/JPY
EUR/USD

2017年9月の利益 +88.6万円
2017年累積の利益 +815.2万円

この記事を書いた先生

部瀬名 健
部瀬名 健
商品先物ディーラー、不動産ファンドディーラーとして活躍後、あらゆる金融商品の中で、短期間で稼げるものはFX短期スキャルピングだと自覚し、FXプロトレーダーに転身。
7年間にわたるFXスキャルピングに特化した投資法で、資産1億円を達成。
スキャルピングを実践していくうちに、長めに保有するデイトレード手法も構築することに成功し、一時的ではなく継続的に利益を上げる独自の投資スタイルを築き上げる。

【年間パフォーマンス】
2008年 -1,100万円
2009年 +850万円
2010年 +2,700万円
2011年 +2,900万円
2012年 +1,960万円
2013年 +1,880万円
2014年 +1,050万円
2015年 +1,590万円
2016年 +2,019万円

【雑誌掲載歴】


週刊SPA!2016年11月29日号
「大統領選で儲けた方法」


2016年9月9日発売 FX&為替完全ガイド
「神トレーダーのFX術」


週間SPA!2016年9月13日号
「1億円の作り方」


YenSPA!2016年夏号6月16日発売
「FX億越えメカニズムを解明した!」


週間SPA!2016年6月14日号
「億越えする秘術」


2015年12月21日発売 FX攻略.com
「トレードの特質と心構え」


2015年12月12日発売
Yen SPA!2016年冬号
「ミリオネア投資家の㊙戦略を公開させた!」


2015年9月17日発売
FX完全ガイド「FX億超えのルール」


週刊SPA! 2015年9月15日号
「短期で1億円稼ぐ方法」


Yen SPA! 2015年夏号
「資産1億円超富裕層の錬金術」


〈稼ぐ人のFX儲けの流儀5に掲載〉
2013年10月11日発売


〈FX攻略.com 2013年2月号掲載〉

カテゴリー

最近の記事

  1. OCFC

    カードゲームとナンバーオペレーション
  2. OCFC

    “新型オプション”を利用した「ナンオペ」とは
  3. IPO

    上場来高値のブレイクを狙う投資戦略
  4. IPO

    上場日に実践するセカンダリー戦略
  5. OCFC

    ナンバーオペレーションで重要なこと
PAGE TOP